2015年01月20日

みりんは、すぐれた日本の調味料!


料理 にみりんを使っていますか?

2015/01/19
NHK放送番組 あさイチで
イチおし みりんの底力 をやりました。

余談ですが、
みりんは、もともと
もち米から作る、れっきとしたお酒でした。

近代では、みりんを飲むことはありませんが、
料理にみりんを使わず、お酒や砂糖、蜂蜜などで
代用している人が多いようです。

capture-20150120-080009.png


みりんの大きな特長

1)、みりんの甘さ・照り・ツヤ
2)、防臭効果
3)、健康効果(昨年末の日本健康医学会発表)



1)、みりんの原材料は、もち米 です
その理由は、甘さを出すためなのです。

もち米のデンプンは100%アミロペクチンという物質でできており、
日本酒などで使われるうるちは、75%がアミロペクチンで
残りの25%はアミロースというデンプンで出来ています。


この2種類のデンプンのうちアミロペクチンの方が糖に分解されやすい。

だから、みりんはアミロペクチンが多く含まれているもち米を使うので、
分解されて出てくる糖が多く、他のお酒よりも甘くなるのです。

みりん造りの大事な特徴は、糖をアルコール発酵させるのではなく
甘みを残すため、せっかく出来た糖を、酵母がアルコールに
変えないように焼酎を入れて酵母の働きを抑えているのです。

砂糖は、単糖類、
みりんには、分かっているだけでも「9種類以上の糖」が含まれています。
だから、とても奥深い上品な甘さになるのです。

余談ですが、その中でもコージビオースという糖は1g90万円、
ニゲロースという糖は1g120万円するのです。

ここまででも、みりんの貴重さが分かりますね。


2)、さらに、みりんの大変優れた所は、
甘さを引き立てるだけではなく、消臭パワーが優れている ため、
さかなやその加工品、また、肉類など料理にもってこいです。

テレビでは、ささかまぼこを紹介していました。

もつやレバーなどのにおいが残る肉類にも応用できます。
私も、さっそくやります。


3)、昨年末の日本健康医学会で、みりんのかす
「レジスタントプロテイン」が含まれていることが発表されました。
「レジスタントプロテイン」はタンパク質の一種で、
食物繊維に似た働きをします。
胃で消化されにくいため、そのまま小腸へと進みます。

そこで小腸にある脂質をつかまえて、体外へと出ていくのです。
そのため、便秘の改善や血中コレステロールの低下などが期待できます。

福来純3年熟成本みりん1.8L 白扇酒造「食品・調味料」 - イズミックワールド
福来純3年熟成本みりん1.8L 白扇酒造「食品・調味料」 - イズミックワールド

三河みりん 1800ml【愛知】角谷文治郎商店三州本みりん 本格味醂 三河純本味りん - e酒どっと呑む。
三河みりん 1800ml【愛知】角谷文治郎商店三州本みりん 本格味醂 三河純本味りん - e酒どっと呑む。



おすすめ!アレンジみりん のご紹介

★みりん塩レモン
<材料・作りやすい分量>
・みりん・・・大さじ6
・レモン・・・1個
・塩・・・小さじ1
capture-20150120-100241.png

<作り方>
1.鍋にみりんを入れて、アルコールを飛ばします。約半量になるまで煮詰めます。
2.レモンをくし形に切って、種をとります。
3.フードプロセッサにレモンと塩と煮きったみりんを入れて回せば、完成。

<保存法>
冷蔵で、1か月保存できます。

<おいしい食べ方>
肉料理や魚のムニエル、揚げ豆腐などにおすすめ。

★ねぎ塩みりん
<材料・作りやすい分量>
・みりん・・・大さじ2
・ねぎ(みじん切り)・・・1本分
・ごま油・・・大さじ4
・おろししょうが、おろしにんにく・・・各小さじ1
・塩・・・小さじ2
・こしょう・・・少々
capture-20150120-095253.png

<作り方>
1.鍋にみりんを入れて、アルコールを飛ばします。約半量になるまで煮詰めます。
2.材料をあわせて、一晩おいてねぎの辛さを落ち着かせたら、完成。

<保存法>
冷蔵で、1か月保存できます。

<おいしい食べ方>
蒸した野菜にかけるだけで、韓国風料理に!

★みりんビネガー
<材料(作りやすい分量)>
・みりん・・・2分の1カップ
・りんご酢・・・1カップ
・塩・・・少々
・好みのハーブ・・・少々
capture-20150120-095458.png

<作り方>
1.鍋にみりん、りんご酢、塩をいれて、煮立てる。
2.煮立ったら火を止めて、ハーブを加えて完成。

<保存法>
冷蔵で、1か月保存できます。

<おいしい食べ方>
かぶや大根、セロリなど冬野菜をつけてピクルスに。


この番組詳細は、こちら


posted by マコ at 10:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください